self-expression(自己表現)をテーマに、”1着入魂”のファーストコレクション

お気に入りの服を着ていて1日中気持ちよく過ごせた、落ち込んでいたテンションが上がった、なんていう経験はありませんか?普段の暮らしていく中で、服は寒さや暑さをしのぐだけではなく、着ている本人に不思議と力を与えてくれる存在でもありますよね。
そんな洋服の持つ力を追求するブランド、「TOTOMESS(トトメス)」が2018-19年秋冬にデビュー。現在、ブランドの公式サイトでルックを公開しています。「トトメス」のブランドコンセプトはシーズン毎に感じとる哲学や時代の空気、様々な物事から受けるインスピレーションをデザインに昇華されていく。“洋服の持つ力、ファッションとは何か?”を常に追求し続ける、ことです。
ファーストコレクションといえば、デザイナーの核となる部分が一番見える大事なシーズン。自己表現をテーマに、全てのアイテムがブランドの顔になるような1着として”1着入魂”の気持ちが込められた素晴らしいコレクションに仕上がっています。
アイテムはデニム地の切り替えパンツやしっかりと目の詰まったニット、フロントボタンが無い柔らかなコートなどをラインナップ。セレクトショップ「B’2nd(ビーセカンド)」などで展開されます。デザインだけでなくクオリティもしっかりと作られていたので、ぜひ店頭で手に取ってご確認を。

TEXT_Shuhei Wakiyama(LOADED)















【問】
[HP]totomess.com