クラシカルなアイテムなのに今っぽく見える秘訣とは?

すでに市民権を得つつあるジェンダーレススタイルですが、ウィメンズの服を着用することにはやはり抵抗があります……。でもなぜかウィメンズブランドのメンズラインという位置付けであれば、文句なしに興味がそそられる。そんなワガママなLOADED世代にご紹介するのは、長きに渡り紳士服で腕を磨いたニック・ウェイクマン氏がデザイナーを務め、この2017年秋冬からメンズラインを発表した「STUDIO NICHOLSON(スタジオ ニコルソン)」です。
某イギリスブランドで8年間デザインセクションのトップを務めたチャーリー メロー氏をプロダクトディレクターとして迎えた初のメンズコレクションは、“Nostalgia(ノスタルジア)”という20世紀で最も影響力を与えてきたデヴィッド・ボウイやナターシャ・キンスキーといったアーティストたちを今思い返し、90年代のプリミティブな感覚をアイテムへ投影。さらにスタイリングでは、類い稀なパターン技術によってオーバーサイズのアイテムもシャープに、また差し色にオレンジを加えることで今っぽいニュアンスも醸し出しています。シルエットやディテールワーク、そしてリュクスな佇まいは、「スタジオ ニコルソン」にしか出せない魅惑のひとつでしょう。

TEXT_Ryohei Tomioka(LOADED)





Photographer_Piczo
Styling&Art Direction_Nick Wakeman
Creative Director_Charlie Mellor
Model_PAUL BOCHE / ELITE

【問】
CHI-RHO inc.
[TEL]03-3710-9696
[URL]www.studionicholson.com