「マリン」をテーマにブランド初のスニーカーと新作バッグが登場!

まだまだ寒い毎日が続く中、どこか暗い色味や重たい雰囲気のファッションに飽きてきたなんて人も多いはず。そんな時に取り入れたいのが、春夏らしい爽やかな“ホワイト”がポイントに使われた小物ではないでしょうか?先週から発売された「HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)」の新作アイテムは、そんな今の気分にフィットすること間違いなしの注目アイテムです。

1965年にニューヨークで誕生した「ハンティング・ワールド」は、近年ミラノコレクションでランウェイを開催するなど、注目を集めているブランドのひとつ。「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」の相澤陽介氏がクリエイティブディレクターとして、3シーズン目となる2019年春夏コレクションは「マリン」から着想を得たコレクションを展開しました。その中から、スニーカーと定番バッグをアレンジした新作アイテムが登場。


スニーカー¥65,000(HUNTING WOLRD/ハンティング・ワールド帝国ホテル店)

ブランドとして初のリリースとなるスニーカーは、アッパーの湾曲したデザインが特徴的。今期のテーマ「マリン」からインスパイアされたアッパーは、カーフやスエード、ナイロンといった異素材を大胆に組み合わせ、見事に波を表現しています。90年代調の厚みのあるラバーソールでボリュームを持たせながらも、シュータンに配したブランドの頭文字の書体が大人な雰囲気をプラス。ミッドソールやアッパーにポイントとして使われたホワイトが春夏らしい軽やかさを匂わせます。展開店舗はハンティング・ワールド帝国ホテル店、ハンティング・ワールド梅田店、ハンティング・ワールド高島屋大阪店、ハンティング・ワールド高島屋玉川店の4店舗限定となっているので、お間違いなく。


左からダッフル¥200,000、キャリーオール¥200,000(ともにHUNTING WOLRD/ハンティング・ワールド帝国ホテル店)

さらにブランドのアイコンモデル「BATTUE SURPASS(バチュー サーパス)」シリーズも、今期のテーマ「マリン」をテーマにアレンジ。「BATTUE SAILOR(バチュー セイラー)」として登場します。ブランドオリジナルの柔らかさとハリ感を併せ持つ機能素材バチュー・クロスに、アンカーやフラッグといったスーベニアショップで見つけたステッカーのようなマリンモチーフをプリント。ネイビーとホワイトのこれぞマリンなカラーリングが、コーディネートを爽やかかつこなれ感のある大人な雰囲気にまとめてくれます。今の時期に1点混ぜるだけで、グッと新鮮な気分を味わえる逸品をぜひ楽しんでみてはいかがでしょう?

 

TEXT_Shuhei Wakiyama(LOADED)

【問】
ハンティング・ワールド帝国ホテル店
[TEL]03-3501-7080