特別な日本酒は特別な店舗でのみ展開

EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマーとして活躍する橘ケンチと日本酒界で革新的なひと蔵として名高い新政酒造のコラボレーションによる日本酒「亜麻猫橘(アマネコタチバナ)」が誕生。

橘ケンチさんは本好きが高じて始めたコミュニケーション空間「たちばな書店」の主宰など様々なプロジェクトを展開しています。日本酒にも造詣が深く、「現代の日本酒の味わい深さを始め、日本各地の文化の拠点となっている酒蔵さんの魅力を多くの方に知っていただきたい」と、多くの実力派酒蔵や日本酒の現在を紡ぎ続けるキーパーソンを、活動の合間を縫っては訪れ対話を積み重ねてました。

今回「亜麻猫橘」を共同で生み出した新政酒造もそういった様々な機会に親交を深めてきた蔵元のひとつ。「日本酒を深く理解するためにどうしても造りに入ってみたいと考えた時にまっ先に思い浮かんだのが、味や酒質が好きであったことはもちろん、酒造りに対する哲学に感銘を受けていた佐藤祐輔さんのいらっしゃる新政酒造だったんです」と橘ケンチさん。新政酒造にとっても外部の人間を一定期間しっかりと蔵に招き入れ、酒造りをする本格的なコラボは異例であり、アーティストとしては初の快挙となるのだそう。

新政酒造の人気銘柄である「亜麻猫」をベースに作られた1本は、4月の生酛立て、5月の仕込み、6月の搾り、そしてデザイン案のやり取りを重ね10月末に行った最終のボトル・セットアップまでの全工程を実際に経験。橘ケンチさんが今後、日本文化を応援していく際のキーワードとして扱う「橘」の名を冠した「亜麻猫橘」として完成しました。ボトルでの販売を行う予定はなく、LDH kitchenが運営している中目黒の「鮨つぼみ」と恵比寿の「小花」の2店舗で、20181215日(土)よりメニューにラインナップする予定。飲食提供でのみ口にすることができる特別な逸品に。飲食業界におけるこの冬の話題を独占しそうな至高のコラボレーション。日本酒フリークスは言わずもがな、広く食通諸氏は早めの賞味がおすすめです。

 

TEXT_Shuhei Wakiyama(LOADED)

【問】
鮨つぼみ
東京都目黒区東山1-21-26 QG東山ビル1F
[TEL]03-6451-0903
[URL]www.sushi-tsubomi.jp

小花
東京都渋谷区恵比寿3-28-2 SP15 EBISU 1F
[TEL]03-6455-7826
[URL]ko-hana.jp


雑誌『LOADED』最新号が好評発売中!ご購入は全国の書店もしくはコチラから。