生産地に拘ったアイテムの一部には、日本製のアイテムも

日頃のワードローブでありがちなことといえば、“マンネリ化”ではないでしょうか?だからといって、こだわりのある『LOADED』世代ならそこらの若造のように突飛な洋服を選んだり、ただ流行を追うというのは避けたいところ。レディースとは違い形式が決まっているだけに、大人の男として、いかに飽きのこないタイムレスな服を選ぶかというのが大事なのではないでしょうか?

アシュリー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンが姉妹で共同創設し、デザイナーを務めるブランド「THE ROW(ザ・ロウ)」。ビスポークテーラリングの象徴である、イギリス・サヴィルロウへの敬意を込めて名付けた「ザ・ロウ」らしい、タイムレスなメンズウェアが2018年10月よりグローバルで展開を開始します。ラグジュアリーな素材と優れたテーラリング技術による、ハイクオリティなウィメンズウェアとアクセサリーを展開しているだけに、メンズではどのようなアイテムが登場するのか期待がグッと高まります。

初となるコレクションでは、モダンなディテールを用いたクラシックなスーツが中心に。キーアイテムはハンドステッチで仕上げたノーベントのシングルブレステッドスーツです。合わせるパンツは、一部にハンドステッチが用いられているハイライズかつストレートのクラシックなシェイプを採用。軽やかさと強さを併せ持ったピース達は、80年代から90年代のミニマルなスタイルとクラシックなビスポークスーツのスタイルが見事に融合しています。
キーアイテムであるスーツに加え、コート、ジャケット、シャツ、ニット、デニム、Tシャツといったメンズウェアに欠かせない、ワードローブ内で基盤になるようなアイテムを展開。シャツはフランス製、ニットはイタリア製、デニムとTシャツはアメリカで生産するなど、素材と技術を見極めた上で最適な生産地を選択しています。また、テーラードアイテムは伝統的なヨーロッパのハンドステッチを用いながらも、丁寧な作りが魅力なジャパンメイドです。展開開始となる10月まではまだ少しありますが、目が離せないブランドがまた一つ増えましたね!

 

TEXT_Shuhei Wakiyama(LOADED)

【問】ザ・ロウ・ジャパン
[TEL]03-4400-2656
[URL]https://therow.com/