フランスのエスプリが香るスニーカーに新色と全仏コラボが発売

待ちに待ったゴールデンウィークがすぐそこまで迫っていますね。どこかお出かけの予定はお決まりですか?平日はしっかりとしたレザーシューズでタイドアップした服装、休日はリラックスできるカジュアルな着こなしを。そんな艶男の方も多いのではないでしょうか?そこでやんちゃでエレガントな男性達に向けて発信している『LOADED』として提案したいのが、エレガントに履けるスニーカー。若造と差をつけるにはこんなブランドのスニーカーがオススメです!
1981年にフランス・リモージュで創業し、日本でも長らく大人気となっているシューズブランド「J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)」。名品として知られる商品に「641 ゴルフ」、「180 シグニチャーローファー」、「705 サイドゴアブーツ」など沢山ありますが、新定番として定着しつつあるスニーカーに420日(金)より、新色が発売されます。

649 Sneaker ¥70,000+Tax
4月20日(金)発売開始

好評を得てジェイエムウエストンの新定番として認知されてきている、「649 スニーカー」。昨年夏に登場した際には、フランスの芸術家イヴ・クライン氏が産み出した、インターナショナル・クライン・ブルーをポイントに使用したスニーカーを販売して話題になりました。
今回登場する新色はホワイト、ブラウン、ネイビーの3色。ジェイエムウエストンが持つ伝統的なタナリーで作られるソール用レザーをイメージしたベージュをポイントに使用したホワイト、大人の余裕を感じさせ汎用性が高いブラウン、そしてローファーなどでもお馴染みの上品なネイビーの3色です。全色をホワイトのラバーソールで仕上げた爽やかなスタイルに、アッパーのダブルシームステッチとソール周りのサイドステッチからジェイエムウエストンらしい作りへの誠実さとこだわりを感じ取れます。アッパーのレザーは通常のレザーシューズよりも柔らかいソフトカーフになっているので、足馴染みも抜群です。これは、ショーツからデニムまで何で合わせてもエレガントに仕上げてくれそうなデザインですよね。更に昨年に続いて、こんなコラボレーションもあるんです!

649 Sneaker ローラン・ギャロスコラボレーションモデル¥75,000+Tax

今年の5月で通算117回目を迎える全仏オープンテニス。昨年の「281 ル・モック」に続いて、今年は「649スニーカー」と全仏オープンテニスブランド「Roland Garros(ローラン・ギャロス)」とのコラボレーションモデルを発売します。
グランドスラムテニスで唯一のクレーコートとして知られる、ローラン・ギャロス。同コートの赤土をイメージしたオレンジをステッチ、ソール、タン、かかと、インソールにポイントとして使用しています。カラーはテニスコートの白線を表現したホワイト、青空を表現したブルーの2色展開となっています。こちらのコラボレーションモデルもぜひお見逃しなく!これさえあれば、歩き回るゴールデンウィークのレジャーから、ちょっとした時のジャケパンスタイルまで安心の足元を演出してくれそうです!


TEXT_Shuhei Wakiyama(LOADED)

 

【問】
ジェイエムウエストン 青山店
東京都港区南青山5-11-5 住友南青山ビル1F
[TEL]03-6805-1691