“ビルケン”が止まらない!

認知度80%。従業員数約3,800人。1774年創業。ドイツのグローバルフットウェアブランド「ビルケンシュトック」、通称ビルケン”。
シンプルなデザインと圧倒的なクオリティ。まさに“質実剛健”という形容がピッタリなその製品は、みなさんの足元のラインナップにも必ず1足はご用意されているのでは?もはや日本の国民靴?と思えるほど、特に春夏シーズンでは、街中で見ない日はないですよね。ドイツ国内で製造される製品の数々は、今や世界100ヶ国で愛されています。
そんなワールドクラス”なビルケンシュトックがこの度、東京・青山にて2018年秋冬コレクションを発表しました。
ブランド自身を象徴するような心地よいアットホームな雰囲気の会場で、招待されたリテールパートナー、ジャーナリスト、そして日本のファッションシーンを牽引するインフルエンサーなど約300人のゲストが花を添えました。また、モデルたちが着用したアウターは今回ビルケンシュトックのため8人の日本人デザイナーが特別にデザインしたものです。ビルケンシュトックの、らしさこれからを感じさせる製品の数々が披露されました。

また、ビルケンシュトックはこの発表を機にブランドの拠点を直接日本に置くことを発表。これによりプロダクトレンジは格段に拡がり、日本の顧客のニーズにより的確に応えることができるようになります。コレクションではより多くのシーズンアイテムや限定版モデル、日本のアーティストとのコラボ商品、日本向けに特別にデザインされたモデルをフィーチャー。さらに、今日まで日本マーケットでの成功に多大な貢献をしてきたセールスパートナーである「シード」および「ベネクシー」との関係を強化し東京オフィスからもサポート。

さらにこれからは、“大黒柱”ともいえるサンダルだけに頼ることなく、日本マーケット向けの新しい商品ラインナップを大幅に拡充。中でも、サンダル以外のつま先のあるシューズ、子供用靴、業務用靴およびレッグウェアやアクセサリーの拡充に重点的に取り組み、さらに今後は寝具やコスメにまでフィーチャー。この動きは、日本の消費者にビルケンシュトックが提供する様々な商品を手に取ってもらい、ビルケンシュトックが1年中使えてプレミアムなライフスタイルブランドであることをより広く知ってもらう為であるそう。
これからもますます我々との繋がりが濃くなることを感じさせるビルケンシュト
ック。根底から消えることはないその飽くなき向上心。これからも紡ぐであろうその伝統は、まだ始まったばかり。

Text_Yumiki TashiroLOADED

【問】
Birkenstock Japan
[URL]www.birkenstock.com/jp