90年代から今に生きる最高に“ワル”で“キッチュ” なカルチャー

60年代といえばビートルズから派生したモッズファッション。70年代はデヴィット・ボウイを代表するグラムロックスタイルなど、その時代・そのシーンで根付いたスタイルやファッションは現代でも、とてつもない強さを持つもの。90年代後半から始まった「GABBER/HARDCORE」シーンもそのひとつ。ストリート界のファッションアイコンであるDJ DAMURA氏は、自身が通ってきた当時のスタイルを現代に解釈し、「FULL-BK(フルビーケー)」の2017AWコレションへ強く反映。全体的にオーバーサイズ気味のセットアップや迫力のある英字のグラフィックや色使いは、どこか懐かしさすら覚えます。そんな中にもショッキングピンクのワントーンでまとめたキッチュな着こなしをアクセントに取り入れるなど、旬なモード感を含ませているのはさすが。どんどんパワーアップするフルビーケーが、これからどんな攻めたスタイルを見せてくれるのか、期待を膨らませてくれるコレクションとなっています。
90年後半から00年代前半のダンスフロアで「まだ大人になりたくない」ともがいていた若者達が現代に蘇り、また新たなスタイルを生み出そうとしているのかもしれません。

TEXT_Asami Tamoto(LOADED)

【問】
4K
[TEL]03-5464-6061
[URL]http://full-bk.tokyo