日本のクラフツマンシップ感じるプレミアムなデニムパンツ

今回、デニムを愛してやまない「スロウガン」デザイナー小林学氏とファッションエディター山下英介氏の2人がタッグを組み、現代のエッセンスを落とし込んだ至高のデニムを1800年代当時の技法で製作しました。本作は徳島に自生する蓼からインディゴ染の元となる藍玉を作り、すべて手作業によるかせ染めで仕上げ、超旧式織機でゆっくり織りあげたこだわりのあるデニム生地へと昇華。1800年代後半のフレンチワークパンツをイメージし、後ろ身頃にゆとりをとることで独特のヒップラインに細部パーツには、パリで買い付けた約100年前のヴィンテージメタルボタンやベルトループ、バックのアジャスタを搭載。クラシック感を損なわず現代的な1本に仕上がっています。世界限定100本の超がつくほど希少なデニムパンツなので予約するなら今でしょう!

TEXT_Takuya Kouda(LOADED)

■Amvai Denim P001EM

デニムパンツ¥58,000(予定価格)(SLOWGUN/ ホワイト*スロウガン)

【INFORMATION】
[発売日]
2017年7月上旬日(2017年6月上旬より予約販売受付)

[製造本数]
限定100本

[サイズ展開]
S、M、L、XL

【問】
ホワイト*スロウガン
TEL:03-3770-5931
URL:https://www.slowgun.jp