AKIRA&岩田剛典『HiGH & LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』スペシャルインタビュー

2017.11.08 Wed

邦画至上、最高峰のスケール感との呼び声が高い人気シリーズの最新作、映画『HiGH & LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』がいよいよ11月11日より全国ロードショー。ここでは、今作のストーリーの中枢を担う重要人物である「MUGEN」の琥珀と「山王連合会」のコブラを演じたAKIRAと岩田剛典のスペシャルインタビューをお届けします。

 

―――LOADED:『HiGH & LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』がいよいよ11月11日より全国公開になります。ドラマ版を含めて、長年同じキャラクターを演じることについて、何か特別な役作りはありましたか?  

AKIRA「確かに、ドラマ版からスタートしたシリーズものなので、長い期間、同じキャラクターを演じていることになります。お客様が求めるキャラクター像を維持し続けることは、大事だとは思いますが、今回は維持するというよりは良い意味でイメージをストーリーの流れで変化していこうという意識がありました。『HiGH & LOW』はエンタテインメント作品ですし、今作で、琥珀はストーリーの軸となるキャラクターだったので、まずは登場した時に『今回は何が起こるんだろう?』と観る方達にワクワクしていただきたいと思って臨みました。また、琥珀の心情も徐々に変化していて、今回は『正しく生きたい』という心を持って戦闘っていますので、かつてMUGENの総長で最強の男の時はギラギラした感じでしたが、今回はどこか枯れた感じで十字架を背負いながら使命を全うする、そんな静寂の中に強さを感じるビジュアルになったと思いました。それで、髪の毛を大分伸ばして、どこか隙があり人間味のある無造作ヘアにしたんです」

岩田「僕の場合は、金髪にすると一気にコブラのスイッチが入ります(笑)。確かに、何年も同じ役を続けることは滅多にない経験だと思います。僕が演じるコブラに関しては、最初から一貫してスタンスを変えずにやらせていただきました。僕がブレるとチームのメンバーも困惑すると思うので、芯の部分では、常にコブラのままで演じました。

カーディガン 参考商品、シャツ¥19,000、デニムパンツ¥19,000(すべてPOLO RALPH LAURENLAUREN/ラルフ ローレン)、他すべて私物

 

―――LOADED:役柄上で、共演することが今回久しぶりということですが、お互いに対しての印象は変わりましたか?

AKIRA「岩ちゃんは、『HiGH&LOW THE MOVIE 』の公開から1年の間に、外部でもしっかり活躍し成長して戻ってきてくれて、『HiGH & LOW』シリーズの底上げになってくれていると感じます。この作品は、多くの仲間たちでやっているプロジェクトなので、個人個人それぞれがパワーアップして戻ってきて、より進化した『HiGH & LOW』を目指すことが大事だと思っていて、その点、岩ちゃんは大きく貢献していると思います。役柄に関しては、コブラは『HiGH & LOW』のメッセージを代弁しなければいけないキャラクターなので、コブラ自身のストーリーと『HiGH & LOW』のメッセージを上手くすり合わせて、難しい役どころを見事に演じきってこの映画の芯になってくれていると思います」

岩田「AKIRAさんはキャストの中の座長という立場で、現場にいる僕たち演者たちをどんどん引っ張ってくれました。お芝居のアプローチの仕方や撮影現場での過ごし方、作品に対しての姿勢など、毎回勉強させていただいています。この『HiGH&LOW 2』と『HiGH&LOW 3』の2作で、僕はどんな風にこの作品に向かっていけば良いか? とても悩んだ時期があって、そんなことを撮影中にAKIRAさんに相談したこともありました。AKIRAさんがドシっと大きく構えてくださっていることで、本当に色々なところで助けられているな、と改めて実感しました」

 

―――LOADED:この作品は共演者がとても多いことも魅力ですが、他の作品とは違う、『HiGH & LOW』の撮影へ臨むにあたって、難しい部分などこの作品ならではのやりがいを教えてください。

AKIRA「実際に撮影現場へ行き、共演者と向き合わないと何が起こるかわからないというのが『HiGH & LOW』の面白いところでもあります。台本ではわずか1行で書かれていても、実はそこに激しいカーチェイスがあったり、重要なシーンとの繋がりの部分があったり、それぞれのシーンに深みを出していかないと伝わらないところがたくさんあるので、監督やキャスト陣とよく話し合って、シーン作りを徹底して煮詰めていきました。そして、現場の空気ですべてが決まる、というのが他の作品とは一味違う部分でもあり、ワクワクする部分でもありますね」

岩田「この映画は、非常に大きなプロジェクトで他の映画では中々見ることができない要素がいっぱい詰まっているので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいですね。また、自分たちが出演者というだけでなく、主題歌を担当したり、ライブをやったり、アルバムをリリースしたり、色々な形で深くプロジェクトに関わっているこその難しさがあり、同時に大きなやりがいも感じました」

 

―――LOADED:お二人にとってこの『HiGH & LOW』というプロジェクトは、どのような存在ですか?

AKIRA「日本ではこんな経験は、なかなかできないのではないかって思うくらいの大規模なプロジェクトだと思います。これはすごく貴重な経験ですし、たとえば10年後に『あのときは、すごく恵まれていたな』と思えるような作品だと思います。また、僕はこの作品をアジア全土などにも知ってもらえる機会があればと思っています。日本だと『EXILE』という強い後ろ盾があり、それが功を奏したうえでの評価があると思います。例えば、そんな先入観やイメージがない国では、どんな反応があるんだろう?と興味があります」

岩田「こういう多角的なプロジェクトの一員として参加できて、人生にとってプラスになることばかりですし、僕はこの作品に関わったことで自己プロデュース能力が磨かれたという実感があります。しっかり自分の意見を通すところは通すし、引くところは引くといったような、演技について、そして人としての部分をこの作品を通して学ぶことができました。役者としてのキャリアだけでない大きな学びがあって、とてもありがたくもあり、貴重な経験になった作品です」

Right_AKIRA(あきら/1981年生まれ、静岡県出身。EXILEの中心核としての活動に加え、数々の映画、ドラマ、舞台、声優など様々な分野で活躍。2009年の映画『ちゃんと伝える』では日本映画批評家大賞新人賞を受賞。10年中国公開のアンドリュー・ラウ監督作品『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』にてアジア映画デビュー。17年にはマーティン・スコセッシ監督のハリウッド作品『沈黙‐サイレンス‐』に出演、またアジア人初となる「ラルフローレン」のアンバサダーに就任し、世界に活躍の場を広げている。

Left_岩田剛典(いわたたかのり)/1989年生まれ、愛知県出身。EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー。また俳優としても活躍し、2016年映画『植物図鑑』で主演を務め話題に。2018年には映画『パーフェクトワールド』が公開予定、さらに映画『去年の冬、きみと別れ』の公開も控えている。

Photo_Takashi Yoshida(MAKIURA OFFICE) Styling_Atsushi Hashimoto(KIKI.inc)[AKIRA]、jumbo(speedwheels)[Takanori Iwata] Hair&Make_MAKOTO(juice)[AKIRA]、Shiniya Shimokawa[Takanori Iwata] Interview&Text_Daisuke Udagawa(LOADED)

 

『HiGH & LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』(11月11日 全国公開) 

■製作「HiGH&LOW」製作委員会 
■配給 松竹 ©2017「HiGH&LOW」製作委員会
http://high-low.jp/themovie/


【問】
ラルフ ローレン 
TEL:0120-3274-20 
http://www.ralphlauren.co.jp/ja